2010年8月31日火曜日

自分自身と向き合う…とは


「歯の治療、それはあなたが自分自身と向き合う事から始まります」

う〜ん、なんと説教めいたイヤな言葉なのでしょう。。。しかしこれこそ私が25年間この仕事をやってきて、皆様に一番先に申し上げたい事です。

7月29日にご紹介したとおり、診療室では「むし歯治療の前に」というパンフレットを配付していますが、そこにはこの言葉が書かれています。

なんでこんな言葉を入れたのか、それは再発を防止するためです。

とにかく歯の治療は再発が多い、しかも治療は2回目・3回目とどんどん深く複雑になって行きます。そんな事を繰り返していれば晩年歯がなくなるのは当り前、しかしそれを歳のせいにしたがるのが人間です。

再発防止は実は簡単です。悪くなった原因が解決してさえいればいいんです。簡単に言えば歯が磨けていればいいんです。ですから私達はどこの歯科医院さんよりもしっかりと歯ブラシのお話をいたします。

しかしそれが「言われたからしかたがない」という後ろ向きな気持ちでは効果は上がりません。きちんと現状を把握し、大好きな自分の未来を考えてもらえるようになっていただかない事には効果はあがりません。ではどうするか?

私達は皆様に、私達が見ているものとできるだけ同じものを見て欲しいと思っています。そこで出てくるのが顕微鏡とビデオ眼鏡です。これを使う事により、皆様には私達が顕微鏡で見ているものと同じものがリアルタイムで見る事ができます。

私は患者さんの口の中を実況生中継いたします。そして実は後ろで歯科衛生士がその内容をあなたの歯の写真やレントゲンに手書きで解説を記入し、一枚の診断書としてお渡しします。


この診断書の効果はかなり高く、皆様自分の現状にびっくりされます。私達が見ているものと同じものを手に入れる、それを持ち帰って改めて自分自身を見つめ直す、するといったい何が間違っていたのかがだんだんお解りになるはずです。

悪いのはなんだったのでしょう?前に治療をした先生でしょうか?治療に制限を加えいている厚労省でしょうか?それともただ運がなかっただけでしょうか?

いやいや、そもそも始めにむし歯にしてしまった自分が一番悪い、事の発端はやっぱり自分です。そう気付いた人のとる行動は積極的になってゆきます。そして世の中の誤りに気がついて行きます。

私達はそのような考えに変容していただく事を支援しています。治療とは私達が一方的に提供するものではありません。患者さんに積極的に参加していただけない事には、結局は再治療・再々治療が繰り返されるのです。

しかしそれらを省略して進められる歯の治療の結末を私達は毎日見ています。

どうか貴方も自分自身を見つめ直す事で、未来の自分に本当に必要なのは何かを選んでいただけたらと思うのです。