2018年6月16日土曜日

無料:「顕微鏡」と「ファスティング」のセミナー


誰でも参加できる無料セミナーのお知らせです。

今年も横浜口腔インプラント研究会主催の月例会でお話をさせていただくことになりました。テーマはナント、「顕微鏡」と「ファスティング」!?!?!?!です。

ファスティングは去年少しだけお話したところ、会場の反応が思いの外良かったため、主催者の加藤道夫先生の発案で決まったものです。

さてさて、まったく関係ないような二つのテーマですが、私の頭の中では完全に繋がった一つの目的を持った治療方法です。鍵になるのは、もちろんインプラント周囲炎

一昨年は「顕微鏡とレーザー」、昨年は「分子栄養学的な血液検査データー解析」がテーマでした。すべてはインプラント周囲炎の治療や予防のために行なっているものです。

インプラント周囲炎は、最も困難な病態として知られ、その解決に決定打はありません。今知られている改善方法すべてを地道に進めるしかありません。

しかし一度感染が成立したインプラント表面を完全に除菌できたとしても、移植した骨が生着することはやはり難しいのです。生体の免疫力や治癒力が「あるべき状態」でなくては、やはり再発してしまいます。

この「あるべき姿」とは、私が最近特によく使う言葉なのですが、とにかくこれが戻ってこない事には、どんなに優れた手術も薬剤もたいした効果は得られないと考えています。

その姿を最も効率的に取り戻す方法が分子栄養学に基づく栄養療法でした。腸内細菌の健全化と、栄養阻害因子の排除ができたら、次はミトコンドリア機能の改善に入ります。エネルギー産生を正常化させるという事です。

この正常化の切り札がファスティング(断食)です。ファスティングと言っても宗教的なものではなく、昔のような水しか飲まない危険な断食でもありません。科学的に考えられれた方法で、期間中ある程度の栄養素は摂取します。実は私は昨日まで3日間だけそのファスティングをしていました。

鍵となるのは、2016年のノーベル医学生理学賞を受賞した、大隅良典氏のオートファジーです。ファスティングは、このオートファジーの活性化を狙った方法だったのです。さぁ、それはいったいどういう事なのでしょうか?

今回のセミナーでは、体の外側からは顕微鏡を用いてインプラント体外周の徹底除染を、体の内側からはインプラント周囲骨と歯肉への栄養療法による治癒力・免疫力の改善という、二方向からのアプローチについてお話いたします。

歯科医師の皆様におかれましては、ご自身の健康管理に、特に健康的に痩せたい・体質改善をしたいという方には大きなきっかけとなることでしょう。

もちろん今回も、どなたでも聞けるオープンなセミナーです。しかも無料!こんな機会はもうないと思います。ぜひいらっしゃってくださいね!会場でお会いいたしましょう。

***

横浜口腔インプラント研究会 7月例会

今年はなぜか顕微鏡とファスティング

顕微鏡ばかり覗いていて運動不足になっていませんか?
あなたも夏に向けてスリムに変身!

日時:7月12日(木)17:30-20:00
場所:鶴見大学記念館3階講堂(予定)
参加費:無料
登録方法:上記のチラシのアドレスにご連絡ください

昨年本会で話題騒然となったファスティングについて、具体的な方法と、絶対に外せない注意点をお話しいたします。体の外側からは顕微鏡、体の内側からはファスティング、二つの究極のアプローチが同時に学べる、他では絶対にありえない講演です。

Keywords:拡大視野・インプラント周囲炎・ターンオーバー・オートファジー・小胞体ストレス


2018年6月14日木曜日

180614 LINE@に登録しよう

こんにちは!吉田歯科診療室の吉田格です。

さて今日は新しいサービスと、ぜひとも行って欲しい展覧会のお知らせです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1・LINE@ はじめました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
患者さんとの連絡は主に電話とメールで行なって来ましたしたが、電話では頻繁な細かいフォローは難しく、メールは届かないことが増えてしまい、とても不便に感じていました。

そこで新たにLINEで連絡がとれるようにしました。企業向けのLINE@(ラインアット)というものです。通常のLINE機能に加え、こちらからの一斉配信もできるようになりました。

このシステムはこちらからの登録ができないため、皆様に以下のコードを検索窓に入力してご登録いただきます。

@ado9578r

さらに詳しくは、以下をご覧ください。登録方法やQRコードも表示されます。

https://y-dc.blogspot.com/2018/05/linf.html

これで治療のリマインドメッセージや、術後のフォローなどに、気軽に使って行くことができるようになりました。ぜひご登録くださいネ!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2・「人体 神秘への挑戦」へ行ってきた
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
急ぎのお知らせ(汗…) 上野の国立科学博物館で開催中の「特別展 人体 神秘への挑戦」に行ってきたのですが、あまりに良かったので、ぜひ皆様にご覧いただきたくご案内です。

何を急いでいるのかと言うと、実は閉展が迫っており、17日(日)までの開催なのです。この土日はかなりの混雑が予想されるのですが、しかしそれでも行って欲しい!

https://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2018/jintai/
https://www.nhk.or.jp/kenko/jintai/

体は一番身近な存在でありながら、実態が見えず神秘に包まれています。病気になると自分の事なのに、医者や薬に丸投げしてしまうのは、日本人のよくないところです。しかしこの展覧会をみると、体がいかにがんばりあなたを支えているのかを認識されることでしょう。

Blog:歯界良好にその時の模様をアップしてありますので、以下をぜひご覧ください。

https://y-dc.blogspot.com/2018/06/blog-post.html

お土産も実に豊富に揃っております。私は立派な装丁の本と、赤い手ぬぐいを買ったので、診療室のフロントに置いてあります。

来院されるかたは、ぜひお手にとってご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3・情報ピックアップ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
A・回転させると変形する矢印、実は「目の錯覚」です 脳が誤情報を補完
https://withnews.jp/article/f0180510002qq000000000000000W00o10101qq000017292A
…これは不思議、面白い、よく考えた!最初はぜんぜん分かりませんでしたが、なるほどです!

B・「ベジファースト」の第一歩【実践型!食事指導スライド】
http://www.carenet.com/series/jissendiet/cg002134_003.html?utm_source=m15&utm_medium=email&utm_campaign=2018060201
…食事を変える事はなかなか難しいですが、まずこんな事から始めたらどうでしょう?

C・もしも顔面強打して歯が抜けたら 意外と知られていない応急処置「牛乳に浸ける」
http://otakei.otakuma.net/archives/2018061204.html
夏に向けて増える前歯の事故。もし抜けてしまったら、ただちにこのようにしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4・このメールニュースをお友達に教えよう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メンテナンスを標榜する唯一の歯科医療機関である私たちは、健康情報を積極的に発信して行きたいと思っており、このメールニュースもその一環です。ぜひお友達にも教えてあげてください。読者登録はこちらからお願いいたします。→http://urx.mobi/yB7L


メインサイト https://y-dc.org
栄養療法専門サイト https://dentalnutrition.jp/
バックナンバーはBlog:歯界良好で https://y-dc.blogspot.jp
インタビュー https://y-dc.org/information/interview.html
空き時間情報はtwitterで https://twitter.com/ItaruyTwit
LINE@登録 https://line.me/R/ti/p/%40ado9578r
お問い合わせ https://y-dc.org/index.html#mail_form
=============================================
吉田歯科診療室 デンタルメンテナンスクリニック
代表 吉田格
〒104-0061 東京都中央区銀座 3-11-16
VORT銀座イースト 2F
TEL 03-3248-0418 FAX 03-3248-0417
=============================================


2018年6月7日木曜日

「人体 神秘への挑戦」へ行ってきた


今日は休診日でしたが、朝から大学の図書館で調べ物をし、昼過ぎから上野の国立科学博物館で行われている「人体 神秘への挑戦」へ行ってきました。


科学博物館は中学生の時以来なので、実に40年以上ぶりということですナ…


平日なのにけっこうな混雑、さすがの企画力で見応え十分です。

来場者は医療関係者と思われる会話をする人はもちろん、全世代が満遍なく訪れているようで、みな人体の不思議に驚嘆しております。私も思わず「オー」と声を上げる事数知れず。

面白いのは人と他の動物との比較がかなりある事。キリンの心臓や、イルカの肺など、なぜそのような形態になっているかの解説もあります。

もちろん人の解剖標本も多数あり、我母校も心臓の標本など多数出典協力していました。

ところどころに撮影可能エリアもありまして…




最近の展覧会などはどこも商魂がたくましく、こちらもお土産品が豊富です。


かっぱえびせん…


心臓のクッション…


フィギュア?


メダル…


ガチャガチャ…


ピスケ&うさぎ…

と、たいへん賑やか。


さて今日思い出したのは私が大学3年生のころ、解剖実習で担当の先生からリンゴ大の心臓を手渡され、「切って中を見てみろ」と言われた事。

恐る恐る切って開いてみると、その内部のなんと緻密で美しいこと!えらく感動したことを今でもはっきり覚えています。人の体って、本当に凄いなって。

それから35年が経ち、今私は人体の不思議な構造や化学反応に少し迫れるようになりました。

しかしここで見たことはあくまで正常な綺麗な生体。実はこれを阻む細菌や化学物質がある事を忘れてはなりません。展示会はあくまで展示、客寄せですからやはり綺麗事です。この綺麗な生体を脅かすものと対峙する仕事に就けたことに感謝する、充実した1日となりました。


さて、お土産に¥2,300の立派な本と手ぬぐいを購入。診療室に置くことにしました。来院された方は、ぜひご覧になってください。しばらくは机の上に置くことにします。



「人体 神秘への挑戦」の開催は6/17(日)まで、ぜひ行ってみてくださいネ



友だち追加