2016年3月15日火曜日

3・自由診療はなぜ必要なのか

3・自由診療はなぜ必要なのか

健康保険のやり方では歯は守れなかった、これは高齢者のお口の中を診れば誰にでも解ります。したがって良識ある医療人であれば、別の提案を患者さんにしなくてはなりません。それが世界基準に則った自由診療です。

たとえば歯科医師本人やその身内が歯の治療をする場合、まちがいなく保健外の技術を求めます。それは決して贅沢ではなく、最高のものを求めた結果でもなく、最低限必要なことだと知っているからです。保健での決まりごとで安心する歯科医師は、日本には一人もいないはずです。

しかし高度な治療とは、ある程度の予算と時間がかかる場合が多いのは事実です。専門知識を持たない患者さんにしてみれば考えるのも面倒ですので、中身もよく調べないまま安易に健康保険を選択してしまう事が多いのです。

熱心な医療機関であればあるほど説明する時間を長くとるのですが、その時間分は収入がありません。説明専門のスタッフを雇うところもあります。コストがかかるのです。それでも自由診療が成約にならない場合、さらに赤字が拡大します。また、患者さんは転院してしまうかもしれません。そんな努力は無駄だと考える歯科医師も当然おられます。

根管治療に限らず充分な治療を行おうとすると、最初から予算が決まっている健康保険では間違いなく大きな赤字となり、医院は継続できません。にもかかわらず、ほとんどの歯科医院は経営を続けています。どうしてそのような事ができるのかというと、それは根管治療の後につづく補綴(ほてつ:人工物で歯の形を復元すること)を自由診療で行う事で赤字を補填しているからです。

また矯正治療やインプラントなど、最初から健康保険にはない治療を行えば、ある程度保険で生じた赤字を埋めることができます。昔の私を含め、ほとんどの歯科医院ではこのようにして借金を返し、従業員に給料を払っているのです。

自由診療というと、すぐ金儲け主義だとか、贅沢とか、表面しか見ない人が少なくありませんが、大きな間違いです。みなさんも窓口で払う健康保険分の医療費を、ぜひ疑問に思っていただきたいのです。